FC2ブログ
HOME > 時事問題

地球温暖化と「CO2」は無関係!原発維持の政党「自民・民主・維新」を読み解く

今日から、いよいよ国政選挙がスタートしました。各地で各党首の演説から
始まりとなったようです。

そんな中、つくづく・・「自然学・環境学」に関しては無知な政治家が多い
ことにあらためて気が付きます。

「原発問題」

に関しての演説内容を聞いていると、結論的には

自民党・民主党・維新の3党は、原発継続 ということ。

民主党など、”2030年に廃止します”なんていってますけど、その年の課題
・約束すら守らない政党の言葉など、信用できるものではありませんし、
そもそも”2030年”などという指標は、「原発を維持する」と言ってること
の裏返しですので。騙されてはいけませんよ。民主党は「原発維持」という
ことですから。

しかも、それらの理由(正確には言い訳)がまったく論理的な話ではないので
す。

維新の石原党首などは、”原発維持しなければ、化石燃料を使用することになり
CO2が増大。地球温暖化の環境問題が悪化する”

などと、世界的な共通認識とはまったく逆のことをいまだに言ってますので。

こちらの記事「脱原発の問題」でも記しましたが・・。

地球の温暖化は、あくまで地球の通常の気温変化の流れの一部の出来事
CO2が要因で気温が上がっているわけではありません。

ですから、CO2量などは気にすることなく、発電としては火力発電(石炭・ガス)
を中心とした仕組みからスタートして、徐々に太陽光発電などの技術開発と共に
そのウエートをシフトしていけばいいのです。


原発維持の意思を示している3党(自民・民主・維新)だけは、選挙投票対象外です。!!
スポンサーサイト



テーマ : 伝えたいこと
ジャンル : 日記

花巻東高校・大谷翔平投手の心理を「想像する」!

今年の夏甲子園には、行けなかったものの、話題としては最も注目を浴びているともいえる高校生が花巻東高校・大谷翔平投手ではないでしょうか。いろいろと物議をもたらしているようですが・・どうやら、日本ハムファイターズへ入団の気持ちが高まってきたようですね。

私としては、最善の選択だったと思います。

やっかみ・妬みの気持ちを持っている球団もあるようですが、それはお門違い。私は日ハムファンではありませんが、それでも結果として入団となれば、本人・球団にとって最善の選択となるものと思っています。他球団は、大谷投手の”大リーグへの憧れ”の気持ちに対して「配慮した」というようなコメントを目にすることが多かったのですが・・本当は単に「ドラフト一位指名しても、入団させられないと大きな損失となるから」という球団側の意思による判断ですよね。

それは逆に考えれば、「大谷投手に対して自分の球団に入ることの魅力を伝えられない(説得できない)」と思っていただけのこと。今回の日ハムは、昨年の菅野投手の指名・・とは異なり、誠実さのある指名及び交渉が出来たものと感じています。

大谷投手に対して、批難の声も上がるのでしょうが・・そんな声は無視すればいいこと。(迷惑をかけたことに対して、真摯な気持ちさえ持っていればOK)。なんといっても、大谷投手が「作為的・戦術的な行動」をしてきたわけではないのは、彼の言葉を聞いていればわかることです。

なんといっても、高校生が始めて就職活動をしているのですから。「気持ちがいろいろと揺れ動く」のは当たり前の事。誰でもそうでしょう。実際に、大リーグで活躍したいのであれば、日本で力を養ってから朝鮮したほうが成功への確かな路となると考えている人のほうが多いのですから。私も当然・・そのように思っています。

大谷君は・・いままで難しそうな表情(悩み)ばかりが目に付いていましたが、これからはぜひ、本来の表情で過ごせる日が多くなるといいですね。

テーマ : 今日の出来事。
ジャンル : 日記

プロフィール

12ponpon

Author:12ponpon
自然の流れ(季節・自然エネルギー・運気)を大切にしています。

最新記事
カテゴリ
TAG
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ユーザータグ

出来事 選挙 クリスマス 脱原発 自然霊 妖精 妖怪 12月 プレゼント xmas 時事問題 事故 環境問題 12月 風水 革製品 財布 季節  交通 ドラフト 季節感 ファッション 交渉 腕時計 エネルギー問題 野球